アーカイブ | 3月 2018

  • もしかしたら風俗では勃起するかも!女性に触れてみよう!

    最近、オナニーをしてもなかなか勃起や射精ができないなどと感じている方は、もしかしたら自分はEDなのではないかと考えてしまいます。 元から女性経験のない方や少ない方は、女性に対しての免疫力がないばかりか、勃起できないということから自信さえも失ってしまうようです。 そうなると、ペニスに刺激が強めのオナニーをしてしまったり、二次元の女の子に走ってリアルの女性に興味が持てなくなってしまったりします。 刺激が強いオナニーは、普通のオナニーやセックスでは勃起できない状況なり兼ねません。 また、二次元の女子にばかり興味を持ってしまうと、リアルの女性とのセックスでは勃起できない状態になります。 そうとは言え、普段から女性とかかわることがなかったり、周りに女性がいてもうまくかかわれなかったりという状態では、なかなか状況をくつがえすのは難しいでしょう。 このように、女性に対しての免疫力がないという方の中で、自分はEDなのではないかと感じている方は、風俗に行ってみることをおすすめします。 女性に対しての免疫力がないのに、風俗なんて無理だと考える方が少なくないかもしれません。 また、風俗嬢との関係を求めているわけではなくて普通の女性と関係を持ちたい、と考えて抵抗がある方もいるでしょう。 しかしながら、まずは女性に対しての免疫力をつけないことには、これ以上なかなか先には進めないと言えます。 まずは何も考えずに、風俗に行って女性に触れてみることから始めてみましょう。 女性との触れ合いは風俗が初めて、という方が近年では珍しくありません。 そして、風俗に通うことは人には言えない恥ずかしいこと、という時代でもなくなってきています。 風俗は一言で言えばマンツーマンの接客サービスなので、利用客を満足させるしっかりとしたサービスができるところがポイントです。 いくら女性に対しての免疫力がなくても、プロの接客サービスによるリードやサポートが受けられます。 好みのシチュエーションが楽しめる店舗を選び、プロのテクニックでしっかりとサービスを受ければ、もしかしたら勃起や射精することも可能になるかもしれません。 風俗を利用するにあたり、女性に対しての免疫力がない方には、注意してほしいポイントがあります。 それは、いくら相手にプロのテクニックがあっても、サービスを受ける側がリラックスしていないと、どうにもならないということです。 勃起しにくい条件には、心理的なストレスが関係していることがあるので、風俗を利用すると決めたらまずは緊張しないように努めましょう。 女性に対しての免疫力ない方には、女性と個室に二人きりになるシチュエーションはどうしても緊張してしまいます。 それだけではなく、風俗を利用するのが初めてという場合はなおさらです。 店員が想像以上に綺麗だったりタイプだったりすると、より緊張してしまいます。 特に若者の多い渋谷の風俗では、お店の子も若い子が多いのでタイプの子に合う確率は高いです。 初めての場合は緊張がほぐれるまで時間がかかるかもしれませんが、女性と会話したり触れたりしているうちに段々と慣れてくるでしょう。 一度では慣れないという場合でも、リハビリだと考えてあせらずに何度か通ううちに慣れてきます。 女性と触れ合える回数を増やしていくうちに、リラックスした状態でプレイを楽しめるようになるはずです。 緊張がまったくない状態にならなければいけないというわけではありません。 心地良い程度の緊張感のなかでプレイを楽しめれば、興奮や快感の度合いが違ってきます。 これまで、オナニーで勃起や射精ができなかったという方も、自分の好みのプレイを知ることでたつことができるようになるでしょう。 女性に対しての免疫力がつけば、普段の生活の中でも女性とかかわれるようになり、出会えるチャンスや話せるタイミングがつくりやすくなります。 仲良くなった女性といざセックスとなった場合でも、免疫力がなかったころよりスムーズに勃起して射精できるようになるかもしれません。