アーカイブ | 12月 2016

  • ED症状が発現した時は先発医薬品のシアリスを服用

    加齢などが原因となって、勃起障害が生じる男性は多く、EDが発現しているときには専門の医療機関で治療することができます。 最近ではED治療を専門的に取り扱っているクリニックがあるために、様々なED治療薬の処方を受けて治療を進めることが可能となっており、バイアグラやレビトラ、シアリスは日本で承認を受けている治療薬となります。 この3種類のED治療薬は医療用として承認を受けているために、医者に処方してもらうことが可能です。 ED治療薬には血管の作用を通常どおりに戻す働きがあるために、陰影の血管を拡張させることで勃起不全を改善できます。 さらに冷え性や頻尿の改善などの効果が、発現することも期待できます。 これらのED治療薬は先発医薬品となり、ED治療薬におけるジェネリック医薬品は薬の特許権が切れていないために正確には存在しません。 海外ではバイアグラを始めとするED治療薬のジェネリック医薬品が販売されていますが、これらのジェネリック医薬品が製造されている背景としては、国際条約に準拠していない国としてインドが含まれているためと言えます。 インドではED治療薬のジェネリック医薬品が製造されており、バイアグラではカマグラ、シアリスではタダリスという薬が作られています。 従って、ED治療薬におけるジェネリック医薬品は、全て日本では承認を受けていないものとなります。 バイアグラと比較して、シアリスのほうが勃起不全を改善させる効果の持続性が長いものとして認識されており、全世界におけるシェアでナンバーワンとなっています。 日本では5mgと10mg、20mgの3種類が販売されており、投与してから36時間まで有効性が持続します。 そのために服用してからすぐに性行為をしなければならないということはなく、精神的なプレッシャーを回避できるED治療薬と言えます。