アーカイブ | 10月 2016

  • 勃起不全が発現している時は先発医薬品のシアリスを

    中高年の男性の中には、EDを発現させている患者は多いと言われています。 EDを発症してしまう原因には、性行為に対する精神的なプレッシャーであったり、血管の流れが悪いことなど様々な理由が考えられます。 日本では承認されているED治療薬が3種類あって、いずれも先発医薬品に該当します。 承認を受けているED治療薬は、バイアグラとレビトラ、シアリスとなっており、クリニックを受診することで医者に処方してもらうことができます。 ED治療薬に関しては、心臓に負担がかかるといった話しや高血圧、糖尿病の治療薬との併用は危険であるというイメージがありますが、そうではないことも考えられますので医者の判断に従って服用することが最適です。 ED治療薬を服用することで、血管の作用を正常に戻す働きがあることから、陰茎が勃起できるようになります。 基本的にはED治療薬のジェネリック医薬品は特許権が切れていないために、正確には存在しないことになります。 特許権の問題については、国際条約に準拠していない国であるインドで製造されているものが多く、ED治療薬のジェネリック医薬品として製造されて販売が行われているものについては、日本では未承認のものになるので注意が必要です。 ジェネリック医薬品を服用するときには、メリットやデメリットについて把握しておくことが大切で、効果を優先させるのであれば先発医薬品を服用することがおすすめとなります。 シアリスに含まれている有効成分はタダラフィルで、2007年より販売の承認を受けています。 薬価基準未収載薬に該当するために、医療機関を受診して処方を受けるときには保険適用外の扱いとなるために、処方を受ける際に健康保険証の提示は不要です。