アーカイブ | 7月 2016

  • 性欲が減衰してるときはシアリスを服用しよう

    年齢的な問題であったり、様々な理由によって性欲が減衰することがあると思います。 性欲減衰などの症状が現れているときにはEDである可能性があるために、専門の医療機関で治療することがおすすめです。 医療機関で処方を受けることができる医薬品としては、バイアグラが有名ですが、バイアグラは効果の持続性が短いという欠点があります。 バイアグラの欠点を克服しているED治療薬として、シアリスが開発されており、性行為の前に服用することで勃起力を改善できる効果が、36時間ほど持続します。 日本で承認されているシアリスの種類としては、5mgと10mg、20mgの3種類のものがあり、それぞれに服用してからの効果の持続時間が異なります。 バイアグラやレビトラの持続時間は4~6時間と言われていることに対して、シアリスであれば10mgで20~24時間、20mgで30~36時間の勃起力の改善効果が得られます。 服用してから性的な刺激を受けることで、勃起機能を改善させることが可能となり、食事を摂取しても影響を受ける心配のないED治療薬となります。 服用のタイミングに気を遣うことや、薬効が切れるよりも前に性行為を終わらせなければならないというようなプレッシャーを感じなくて済むようになる利点があります。 性行為時における焦りやプレッシャーを軽減できることで、EDの症状が現れる前のように自然な形で性行為に望めるようになります。 シアリスは処方箋薬ですので、医療機関を受診して医者の処方を受ける必要がある医薬品で、薬局やドラッグストアで一般的に販売されていることはありません。 シアリスに含まれている有効成分はタダラフィルで、水に溶けにくい性質があります。 1日における服用は1回までとして、次の服用までの間隔は24時間以上経過してから行う必要があります。